クローバー薬局ニュース

Clover Pharmacy News

クローバー薬局ニュース


 

アナフィラキシー  

                               H28.5.

 

ここで紹介している副作用は、まれなもので、必ず起こるというものではありません。

ただ、副作用は気づかずに放置していると重くなり健康に影響を及ぼすことがあるので、早めに「気づいて」対処することが大切です。

 

 

アナフィラキシーとは??

 発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状がでる反応です。

原因は食べ物がもっとも多く、続いて蜂などの昆虫、薬物となっています。

医薬品投与後多くの場合は30分以内で、じんま疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、そして息苦しさなどの呼吸器症状を呈します。また、突然、蒼白、意識の混濁などのショック症状があらわれることがあります。

 何らかのお薬を服用していて、次のような症状がみられた場合には、緊急に医師・薬剤師に連絡して、すみやかに受診してください。

 

 

 




 

「皮膚のかゆみ」、「じんま疹」、「声のかすれ」、「くしゃみ」、

「のどのかゆみ」、「息苦しさ」、「どうき」、「意識の混濁」

 

 

早期発見と早期対応のポイント

医薬品の投与直後からときには5分以内、通常30分以内に症状があらわれます。内服薬の場合には症状発現がこれより遅れることがあります。

多くの場合「皮膚のかゆみ」、「じんま疹」、「紅斑・皮膚の発赤」などの皮膚症状がみられ、また、「腹痛」、「吐き気」、などの消化器症状や、「視覚の異常」などがみられ、「声のかすれ」、「くしゃみ」、「のどのかゆみ」、「息苦しさ」などの呼吸器症状、「蒼白」、「意識混濁」などのショック症状が出現してくることもあります。

 これらの症状がみられ医薬品を服用している場合には、緊急に医師・薬剤師に連絡して、すみやかに受診してください。

 「息苦しさ」や「ショック症状」が発現した段階では、ともかく緊急に医療処置を要請する必要があります。救急医療の対象となりますので、医療機関の外におられた場合には救急車を呼ぶことが大切です。

 小児の場合には、大人のように症状が明確ではない場合や、症状を正確に自分で訴えることができないために注意が必要です。何となく不機嫌、元気がない、寝てしまうなどということなどがアナフィラキシーの初期症状であることもありますので、大人より注意深い観察が必要です。

 なお、アナフィラキシーでは一見軽傷でも状態が変化することがしばしばおこり、急激に状態が悪化することがあります。一定の時間が経過していても、何らかの症状があればできるだけ早急に医療機関に受診してください。

 

 

 

起こりやすい方

他の医薬品でアレルギー反応の既往のある方

食物アレルギーで特に卵または牛乳アレルギーの方

ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーなどアレルギー性疾患の既往のある方

 

参考

息苦しさなどの呼吸器症状がみられれば、まず、アドレナリン(エピネフリン)という薬の筋肉内注射(通常 0.3~0.5mL)を行います。一度アナフィラキシーを経験された患者さんでは、再度の接触を避けるとともに、上記の自己注射薬を携帯して頂く場合もあります。心配な方は、アレルギー科、皮膚科などの専門家にご相談ください。

 

                         

                  出典:厚生労働省重篤副作用疾患別マニュアル

                     ファイザー アナフィラキシーってなあに

TOP