クローバー薬局ニュース

Clover Pharmacy News

クローバー薬局ニュース

平成26年5月

耳鳴りについて

耳鳴りがどうして起こるのかは、今もってよくわからないのが現状です。耳鳴りを訴える人の多くは、何らかの聴力障害を持っている方が多いですが、検査上、正常でも耳鳴りを訴える場合があります。
聴覚系の異常が、外耳、中耳、内耳、聴神経(か牛神経)中枢のいずれの部位であっても耳鳴りを起こします。
また、過労やストレス、心因的な要素によっても耳鳴りは強くなったり、弱くなったりします。

耳鳴りの影響

耳鳴りが生活にどの程度影響するかは、ノイズの音量、頻度、継続時間、その人が個人的に耳鳴りをどう感じるかなど、さまざまな要因によって異なります。耳鳴りそのものは、痛みと同様にひとつの症状として認識されています。原因を治療することが目的である病気とは異なり、耳鳴りは、ひとつの状態として処置することしかできない場合がほとんどです。耳の中のノイズのコントロールが主な問題となります。耳鳴り自体は病気ではないとしても、それが病気の一端となることも考えられます。耳鳴りが酷いと、耳鳴りによる負担が睡眠障害や恐怖感、ふさぎこみの原因となる場合があります。

耳鳴りをコントロールする方法

耳鳴りのノイズは不快感を伴います。また、自分の意思に反してその音を意識してしまう傾向があります。「耳の中の敵」とは、的を射た表現です。実際に、それが悪循環の始まりだからです。最初は、休息を取ろうとして社会的な接触を避けようとするかもしれません。しかし、このように引きこもることで、聴覚的な刺激、社会的接触、およびその他の気晴らしも制限されることになります。そのため、耳鳴りに意識が集中しやすくなります。すると、耳鳴りに対して何もできないという無力感が高まり、さらに酷くなるのではないかという恐怖感も相まって、脳は意識して耳鳴りを認識するようになります。このような悪循環を断ち切る必要があります。耳鳴りをスポットライトの下から押し出し、主導権を勝ち取らなければなりません。

耳鳴りの種類

自覚的耳鳴り

本人しか聞くことのできない耳鳴りで,多くは感音系の難聴とともに現れます。内耳や神経などの聴覚系の異常の他,過労やストレスでも起こります。ほとんどは原因がまだハッキリとわかっていませんが,中耳炎などの耳の病気や聞こえの神経の病気が原因となっている場合もあります。

他覚的耳鳴り

他人にも聞こえる耳鳴りは,まれに血流・血管の異常や筋肉のけいれんなどが原因となり,起こることがあります。

耳鳴りの診断

耳鳴りは、人によって感じ方が異なるため、正確な診断が非常に重要です。まず、原因を医学的に治療できるかどうかを判断します。そのために診断には、耳鼻咽喉科の専門医による様々な検査を行う場合があります。耳鳴りの高さや音量は、特殊な診断テストで判定することができます。また、聴覚テストによって難聴併発の有無が明らかになります。

耳鳴りを起こしている要因はある程度みつけられるようになってきています。耳鳴り患者の脳スキャンでは、左聴覚皮質の部分に代謝活動の亢進が認められます。これは、耳鳴りが聴覚だけに関連するものではないことを示しています。

治療法

耳鳴りを確実に消すことは難しいですが、気にならないように軽くする方法はあります。

1.飲み薬

薬をのむことで,耳鳴りを軽くしていきます。

内耳の血流や細胞のはたらきを改善するくすり
●耳鳴り緩和剤(ストミンA配合錠など)
●ATP 製剤(アデホスコーワなど)
聞こえの神経にはたらくくすり
●ビタミンB12 製剤(メチコバールなど)
耳鳴りのストレスを抑えるくすり
●抗不安薬(ソラナックスなど),睡眠薬

2.人工的な雑音を使う

音に慣れることによって,耳鳴りを意識から追い出します。


マスカー療法に
使われる機器

マスカー療法
●耳鳴り音より少し大きな雑音を聞き、耳鳴りを一時的にさえぎる治療法
TRT 療法
●耳鳴り音と同じくらいの大きさの雑音を聞き、耳鳴りに慣れる+カウンセリングの組み合わせを行う治療法

3.心理療法

カウンセリングや自律訓練などを行い,耳鳴りのことを知って,自己コントロールで気にならないようにします。

普段の生活で気をつけること

ストレスのない,穏やかな気持ちでくらしていけば耳鳴りは自然に気にならなくなっていきます。「してはいけないこと」は多くはありません。できるだけ,耳鳴りを意識する前の生活に戻ることを心がけましょう。

×耳鳴りに悪い影響があります。
●疲労 ●睡眠不足 ●興奮 ●ストレス ●タバコ(内耳の血流を悪くします)
△耳鳴りが大きくなることがあります。
●お酒(適量を守りましょう)●刺激物
○耳鳴り治療はストレス退治から。
●楽しめる趣味 ●十分な睡眠 ●適度な運動 ●バランスのとれた食事 ●入浴(長時間や高温の入浴は控えましょう)

ただし…
耳鳴りが小さくなったとき,安心して,悪化の原因になりそうなことを試すと,耳鳴りがまた大きくなることが多いので気をつけましょう。

 

〈参考資料〉
しらかわ耳鼻咽喉科クリニック
シーメンス
ゾンネボード製薬:耳鳴りが気になる方へ

TOP