クローバー薬局ニュース

Clover Pharmacy News

クローバー薬局ニュース

平成26年1月

骨粗鬆症について

骨粗鬆症は、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。骨がスカスカになると、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。
骨粗鬆症は、がんや脳卒中、心筋梗塞のようにそれ自体が生命をおびやかす病気ではありませんが、骨粗鬆症による骨折から、要介護状態になる人は少なくありません。

骨粗鬆症は骨が構造的にもろくなって、骨折しやすくなる病気です。

健康な人の骨は、密度が高くて丈夫。骨粗鬆症の人の骨は、スカスカしてもろい。

背骨がもろくなると、背骨が体の重みでつぶれたり、変形する圧迫骨折がおこりやすくなり、背中が曲がったり、姿勢が悪くなったりします。
その結果、日常生活に支障をきたすことにつながります。姿勢が悪くなると、内臓への悪い影響(胸やけなど)が出ることがあります。

骨粗鬆症は、女性に多い病気です。

骨粗鬆症は圧倒的に女に多い病気です。閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、 70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。これは、女性ホルモン(エストロゲン)が骨の新陳代謝に関わっているからです。
その他、年齢や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、運動習慣なども骨粗鬆症の原因として考えられており、最近では、若い女性の骨粗鬆症も問題になっています。
なお、他の病気の影響によって骨粗鬆症になりやすくなる場合もあります。

骨粗鬆症による骨折は、「寝たきり」につながります。

介護が必要となった主な原因

2007年の厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、介護が必要となった主な原因の9.4%が「骨折・転倒」によるものです。

性・年齢別大腿骨骨頸部骨折発生率

骨折の中でも特に、太ももの付け根の骨折が「寝たきり」になりやすいといわれており、その骨折の多くは転倒によるものといわれています。特に女性の場合、年齢とともに骨折の頻度は高くなってきます。

骨粗鬆症で1度骨折をおこすと、次々と骨折をおこす危険が大きくなります。

太ももの付け根を骨折したことがある60歳代の女性が、5年以内に再度骨折をする危険性は、骨折をしたことのない女性に比べ、16.9倍も高くなります。

背骨の骨折を一度おこすと、1年以内に5人に1人が再び骨折をおこすといわれています。

骨粗鬆症の原因の1つである「年齢を重ねる」ことは避けられません。寝たきりにならず、元気で充実した日常をおくるためにも、普段の生活の中での骨粗鬆症の予防に家族みんなで取り組みましょう。 また、地域等で開催される「骨粗鬆症検診」の受診や、かかりつけの医師に相談してみることも大切です。

骨粗鬆症の検査

病院では、左のような方法で骨量を測定し、骨粗しょう症かどうかを診断します。
検査はいずれも痛みがなく、簡単に行えるものです。

骨粗鬆症の診断基準

骨粗しょう症の診断は、若年成人(20~44歳)の骨量の平均値(YAM値)との比較によって行います。骨量がYAM値の70%未満であれば骨粗しょう症、70~80%であれば骨量減少と判断されます。骨量がYAM値の80%未満の人は注意が必要です。

骨粗鬆症と診断されたら治療が必要です

骨粗しょう症治療薬にはさまざまな種類があります。中でも骨が壊されるのを抑える薬は、骨密度を増加させ、骨粗しょう症による骨折を防ぐことができます。そのためには、お薬の服用を継続することが大切です。

骨粗しょう症の主な治療薬

骨が壊されるのを抑える薬
□ ビスフォスフォネート製剤
□ 選択的エストロゲン受容体作用薬
□ 女性ホルモン製剤
足りない栄養素を補う薬
□ ビタミンK2製剤
□ 活性型ビタミンD3製剤
□ カルシウム製剤

お薬を飲む以外に「適度な運動」「食事」「日光浴」なども重要です。

ビスフォスフォネート製剤の飲み方

  • 空腹時にのむと、お薬の効果がうまく発揮されます。
  • のどや食道にお薬が引っかかると炎症をおこす可能性があります。
  • お薬の吸収が妨げられるのでお茶や牛乳、ジュースなどと一緒にのまないでください。 深層水や硬度の高いミネラルウォーターも、お薬の吸収を妨げるのでさけてください。
  • お薬を口の中で溶かしたり、かんだりすると口の中や食道を刺激する可能性があります。
  • 胃の中に水以外のものがあると、お薬の吸収が悪くなります。
  • お薬をのんですぐに横になるとお薬が逆流し、食道を刺激することがあります。座ったり、動いたりすることは、全く問題ありません。

こんな時は、主治医や薬剤師に相談を!!

  • のみ込みにくい、のみ込むときにのどが痛い
  • 胸焼けが長くつづく
  • 発熱、食欲不振、体に力が入らない
  • 太ももの骨の痛み、体の痛み
  • あごの痛み、歯のゆるみ、歯ぐきのはれ など

★抜歯やインプラントなどの歯科治療を受けられる方は、必ず歯科医師・口腔外科医師に本剤を服用していることを申し出てください。

 

〈参考資料〉
「骨粗しょう症」ホームページ
エーザイの一般生活者向けサイト
健康と薬の情報 MSD

TOP